コンテンツへスキップ

クリアエステヴェールがなぜいいか

40代になって、ちょっとファンデで隠したいなって思った時がありました。

それまでは、塗っても水ファンデ程度。

素肌の方が健康的で、その人自身の魅力が引き出されるって思ってました。

 

40代になって、こんなのが欲しいなって思ったファンデは、

「塗っているか分からない、パウダーっぽくないもの」

水ファンデって、たぶんコレに近いと思う。

20代の時、良く使っていたけど、パウダーファンデって、パウダーで肌を覆う感じ。

それは今使いたくないなーって思っていたのは、パウダーファンデを付けた自分が好きじゃなかったんだろうね。

なんか、オバっぽくなったんだと思う。

 

パウダーっぽいファンデ。それこそがファンデーションと言えるんだろうけど、それからだいぶん時代もかわっていたから、たぶん塗ってるかどうかわからないけど、肌が今よりもキレイに見えるっていうのがあるんじゃないのかなって思いました。

いくつか使ったけど、まぁ、良くある感じのファンデだったな。

よし、これからたとえ100個使っても、自分の好みに合ったファンデを見つけるぞと意気込んで、次に買ったのが、クリアエステヴェールだった。

クリアエステヴェールが他のと全然違うところは、美容液ファンデだったというところだと思う。

その時は、「美容液ファンデ」という言葉はなんとなく知っていて、美容液のような成分が配合されていて、というのもなんとなく知っていて、でも、それを使ったらどうなるのかは、全然わかってなかった。

クリアエステヴェールを買ったのは、CMに出ていた女性の肌が激変していたから。

もちろんいい意味で。

使ってみたら、私が理想と思っていたようなファンデだったから、「アルェ~」って拍子抜けした。

100個使うぞって意気込んでたのに、1個目だったし。

 

クリアエステヴェールを付けた私の肌って最強って思ってました。

当時は、シミもそんなになかったし、付けたら、ツルンとした肌で、しかも、ナチュラルって色が、少しピンクがかっていて、少しくすんでいた私の肌も上気したような肌になっていたから、特に夜遊びの時は重宝しました。

クリアエステヴェールって、ソノ、アノ、例の、美容液成分が配合されているから、使ってスグよりも、時間が経った方が、肌そのもののコンディションはよくなるんです。

たぶん、40代になって気になったのは、シワやシミじゃなくて、「たるみ」だと思う。

クリアエステヴェールの、ソノ、アノ、例の美容液成分って、肌に浸透すると、たぶんハリも出ちゃうんだろうね、きっと。

だから、すごく若い40歳くらいの私の肌は、ツヤツヤっとなって、すごくいい感じでした。

続く・・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。