足の裏をスベスベに保つ

足のかかとは油分もなく、いつもカサついている部分です。

冬になるとさらに乾燥も重なり、ガサガサになる方も多いのではないでしょうか。

私も、秋頃からかかとのかさつきが気になり、毎日足の裏にボディローションなどを塗っていました。

ところが、冬に入っても、かかとのガサガサは一向に治まらず、さらに皮のめくれもひどくなる一方。

足の裏の角質を擦るようなグッズを使うと、一瞬スベスベにはなるんですが、何日もしないうちに元通り。

そのうち、あることに気づきました。

というのは、唇のことです。

私は昔は毎晩リップクリームを付けて寝ていました。

ですが、唇が荒れていて、口紅もノリが悪く、皮をむいて血が出たりもしていました。

ある日、夜にリップクリームを塗って寝るのはよくないという記事を読みました。

それには、唇のクレンジングをしっかりとすれば、リップクリームなどの保湿は要らず、もし乾燥するようなら、化粧水を使うと良いと書いてありました。

たまたまなんですが、私はリップクリームが合わない唇だったんだと思います。

もしかしたら、リップクリームを塗って寝たほうが、唇が良くなるという人もいると思います。

でも、世界中の全員がリップクリームが体に合うとも限らないので、私は合わなかったということです。

それから、夜寝るときはリップクリームは使わなくなりました。

そのことを思い出して、もしかして、足の裏にこのボディローションが合っていないのかもと思い、やめてみました。

そうしたら、だんだんカサつきがなくなってきました。

代わりに、私の場合は、小さい可愛いたわしで、足の裏や指などをこすっています。

これは、たぶん血行を良くするということだと思うんですが、特になにか付けることもないので、負ける心配もなし、ただ、寝る前などに1分くらいこするだけです。

もっと、肌に合うものがあればいいんだとは思いますけどね。

あと、角質取りも、やりすぎると硬くなるみたいなので、程々がいいと思います。

ボディローションやボディクリームより、足ももしかしたら普通の化粧水がいいのかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です